投資初心者のためのネット証券はじめてガイド「しろたま」 » ネット証券会社・各社サービス&評判一覧 » むさし証券
  
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

むさし証券

むさし証券の特徴&評判をチェック!

投資と女性のイメージ

投資信託のみならず金融商品も取り扱っている、むさし証券。分散型の運用を考えているという方は、押えておきたい証券会社の一つです。

むさし証券を利用している人の口コミ・評判は?

口コミ女の子全身アイコン

むさし証券のスマホ取引ツールに関する口コミ

取引を行う際、パソコンを使用しないと出来ないと思われがちですが、こちらはスマートフォンやタブレット端末でも利用できます。スマートフォンで取引を行う場合もパソコンと同じように利用する事が可能で操作性もよく、ストレスなく取引を行えています。

引用元:https://minhyo.jp/musashi-sec?sort=high#review-pre-area
サイト名:みん評

口コミ豚の貯金箱アイコン

むさし証券の緊急対応に関する口コミ

日経平均を買いでポジションを持っていたのですが、大暴落してロスカットしようと思ったら、インターネット回線が故障して注文がいれられなかったのです。そんな時に証券会社に直接電話をしたら直ぐにスタッフの方が対応してくれて、わりと高値で売り抜ける事ができました。

引用元:https://minhyo.jp/musashi-sec?sort=high#review-pre-area
サイト名:みん評

口コミ女の子全身アイコン

むさし証券の手数料に関する口コミ

株式手数料の安さが他の証券会社と比べると格安でした。そのため、銘柄の注文コストを削減することができ、トレードを行いやすかったです。また、信用金利も低くコスト面が非常に良かったです。

引用元:https://minhyo.jp/musashi-sec?sort=high#review-pre-area
サイト名:みん評

口コミ豚の貯金箱アイコン

むさし証券のIPOに関する口コミ

ここしか使ったことが無いので分からなかったのですが、新規公開株の取扱が他よりも多いなどのメリットも多く、非常に使いやすい所を選べて運が良かったと思います。

引用元:https://minhyo.jp/musashi-sec?sort=high#review-pre-area
サイト名:みん評

しろたま先生のまとめ

むさし証券のまとめ

以上、むさし証券の特徴や手数料、メリット・デメリット、口コミ評判などを詳しく見てきたにゃ。

野村とか大和とかに比べると、あまり知名度は高くないむさし証券。でも、このページを読んでみて、大手証券に負けないくらい使える証券会社だって思った人、けっこう多いんじゃないかにゃ?

むさし証券については、しろたま的には次の2つがポイントだと思ってるにゃあ。

・意外にIPOの取り扱いが多い

IPOと言えば、大和証券・SMBC日興証券・野村證券・みずほ証券といったところが有名だけど、意外にも、むさし証券もけっこう頑張ってるところに注目だにゃ。大和や日興はIPOで有名だから、抽選の競争倍率がかなり高いにゃ。それに比べて、むさしは穴場証券だから、競争倍率が低めになる可能性があるにゃ。IPOに関心のある人にとって、むさし証券は要チェックの証券会社だにゃ。

・取り扱っている商品が幅広い

むさし証券は、決して大手証券ではにゃい。それにもかかわらず、むさし証券では、とても豊富な商品を取り扱っているにゃ。 国内株式はもちろん、外国株式も投資信託も国内債券も外国債券も保険も、かなり幅広い商品を取り扱い中だにゃ。会社規模は小さめだけど、取り扱い商品の幅広さでは大手証券並みだにゃあ。

手数料が安いという口コミも見られるし、とりあえずは口座開設をしておいて損のない証券会社じゃないかにゃ。

むさし証券で口座開設をする

むさし証券を早わかり!3つの特徴

シンプルで直感的な操作性が特徴のツール「ティーナビ」

ネット証券各社でツールを競い合う昨今、むさし証券のツール「ティーナビ」は、初心者の方を中心に広く「使いやすい」と評判です。「ティーナビ」のコンセプトは、シンプルで直感的な操作性。複雑さを増すネット証券界のツール群の中で、「ティーナビ」は異彩を放ちます。

資金を入れなくてもIPOの抽選に申し込める

IPO(新規公開株)の抽選に申し込む際、「先に資金を入れなければ申込ができない」という証券会社も少なくありません。一方、むさし証券は資金を入れずにIPOの抽選に申し込むことが可能。当選が判明するまでの間、資金を遊ばせずに運用することができます。

取扱商品が幅広い

国内株式をはじめ、外国株式、IPO、公募・売出、投資信託、個人向け国債、保険、外国債券など、とても幅広い金融商品を取り扱っているむさし証券。さまざまな商品を持つことで、リスク分散効果のある運用をすることもできるでしょう。

むさし証券の手数料を調査!

むさし証券の手数料について、国内株式を例に見てみましょう。

トレジャースタンダード/現物・信用取引

1回での注文の約定金額 手数料
10万円まで 82円(税込)
10万円超~20万円まで 104円(税込)
20万円超~50万円まで 192円(税込)
50万円超~100万円まで 352円(税込)
100万円超~150万円まで 418円(税込)
150万円超~300万円まで 484円(税込)
300万円超~600万円まで 825円(税込)
600万円超~900万円まで 1,452円(税込)
900万円超~1,200万円まで 1,936円(税込)
1,200万円超~1,500万円まで 2,420円(税込)
1,500万円超~1,800万円まで 2,904円(税込)
1,800万円超~2,100万円まで 3,388円(税込)
2,100万円超~3億円まで 3,872円(税込)

トレジャーボックス/現物・信用取引

1日の約定代金合計 手数料
300万円まで 1,320円(税込)
300万円超~600万円まで 2,640円(税込)
600万円超~900万円まで 3,960円(税込)
900万円超~1,200万円まで 5,280円(税込)
1,200万円超~1,500万円まで 6,600円(税込)
1,500万円超~1,800万円まで 7,920円(税込)
1,800万円超~2,100万円まで 9,240円(税込)
2,100万円超~2,400万円まで 10,560円(税込)
2,400万円超~2,700万円まで 11,880円(税込)
2,700万円超 13,200円(税込)

むさし証券の取り扱い商品を調査!

投資信託の取扱数 189
NISA対応
iDeCo対応 ×

国内株式、外国株式、新規公開株(IPO)、投資信託、個人向け国債、外国債券、保険など、一通りの金融商品を取り揃えています。リスク分散を考えたバランスの良い運用ができそうです。

NISAでおすすめの会社一覧を見る

むさし証券のメリット&デメリット

メリット

  • 比較的IPOに熱心
  • NISAにも対応している
  • 電話での個別フォローにも対応

デメリット

  • 少額取引の手数料に割高感がある
  • 大手に比べて投資信託の取扱数が少ない
  • 「ツールが使いにくい」という評判がやや目立つ

むさし証券はこんな人におすすめ!

株や投資信託だけではなく、幅広い金融商品を取り扱っています。よって「リスクを分散させたバランスの良い運用をしたい」という方には、おすすめの証券会社の一つと言えるでしょう。

営業マンの知識が豊富で信頼できる、との口コミ評価も目にしました。ネット取引が主であっても、希望すれば電話や対面で細やかなフォローを受けられるようです。その意味では、初心者にやさしい証券会社とも言えるでしょう。

この記事も読まれています。

【投資用語】低位株

【投資用語】利回り

【投資用語】買い越し

【投資用語】引け

こちらもおすすめ!
ピックアップ記事
女性

投資ビギナーにはどっち?
SBI証券と楽天証券を徹底比較!>>

星の数ほどもあるネット証券会社の中でも、とくに人気が高い「SBI証券」と「楽天証券」の大手2社を、投資ビギナーさん目線でくわし~く比較!はじめて証券口座を開設するときに、ネット証券選びの参考にどうぞ♪

猫と女の子

ド文系・投資初心者・30代女子が
ネット証券をはじめてみた!>>

「具体的な投資の始め方がわからない!」という方、必見。投資知識ゼロのド文系アラサー編集者・岡部エリーさんが、お金のプロである中島翔先生に教わりながら、投資の世界に一歩を踏み出す、投資体験レポート!

山口京子先生

ここがわからん!
投資はじめて女子のための
資産運用“超”基礎知識>>

敷居が高い?難しい?大丈夫!投資はじめて女子のために、「これだけは押さえておきたい!」という資産運用の基礎知識をまとめました。コンテンツ監修はファイナンシャル・プランナーの山口京子さんです。

当サイト掲載企業・サービス業者一覧

【SBI証券】■商号:株式会社SBI証券 金融商品取引業者■登録番号:関東財務局長(金商)第44号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【楽天証券】■商号:楽天証券株式会社(金融商品取引業者)■登録番号:関東財務局長(金商)第195号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人金融先物取引業協会/ 一般社団法人第二種金融商品取引業協会/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会 【松井証券】■商号:松井証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第164号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会 【マネックス証券】■商号:マネックス証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会 【カブドットコム(auカブコム証券)】■商号:auカブコム証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第61号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 【岡三オンライン証券】■商号:岡三オンライン証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第52号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会 【ライブスター証券】■商号:株式会社ライブスター証券■登録番号:関東財務局長(金商)第8号■加入協会:日本証券業協会 【DMM.com証券】■商号:株式会社DMM.com証券■登録番号:平成19年9月30日 第一種金融商品取引業/ 平成23年1月1日 商品先物取引業/ 平成29年6月27日 第二種金融商品取引業/ 関東財務局長(金商)第1629号■加入協会:日本証券業協会(協会員番号1105)/ 一般社団法人 金融先物取引業協会(協会員番号1145)/ 日本投資者保護基金/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人 第ニ種金融商品取引業協会(協会員番号480) 【SMBC日興証券】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会 /一般社団法人日本投資顧問業協会 /一般社団法人金融先物取引業協会 /一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【SBIネオモバイル証券】■商号:株式会社SBIネオモバイル証券■登録番号:関東財務局長(金商)第3125号■加入協会:日本証券業協会 【ワンタップバイ(One Tap BUY)】■商号:株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)■登録番号:関東財務局長(金商)第2883号■加入協会:日本証券業協会 【ウェルスナビ(WealthNavi)】■商号:ウェルスナビ株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号/資金移動業者 関東財務局長 第00071号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 日本資金決済業協会 【テオ(THEO)】■商号:株式会社お金のデザイン■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人投資信託協会 【MSV LIFE】■商号:マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2882号■加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 投資信託協会 【楽ラップ】■商号:楽天証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号/商品先物取引業者■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/日本商品先物取引協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【フォリオ(FOLIO)】■商号:株式会社FOLIO■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【LINE証券】■商号:LINE証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号■加入協会:日本証券業協会 【auのiDeCo】■商号:auアセットマネジメント株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3062号/確定拠出年金運営管理機関 登録番号792■加入協会:一般社団法人 投資信託協会 【トラノコ】■商号:TORANOTEC投信投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第384号/商品投資顧問業 農経(2)第19号■加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 会員第011-00822号 【フロッギー】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【ストリーム】■商号:株式会社スマートプラス■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3031号■加入協会:日本証券業協会 【三菱UFJ銀行】■商号:株式会社 三菱UFJ銀行■登録番号:関東財務局長(登金)第5号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【ラインペイ】■商号:LINE Pay株式会社■登録番号&加入協会:前払式支払手段(第三者型)発行者(登録番号:関東財務局長第00669号 / 登録日:2014年10月1日) 資金移動業者(登録番号:関東財務局長第00036号,登録日:2014年10月1日)/ 一般社団法人日本資金決済業協会(https://www.s-kessai.jp/,入会日:2014年8月6日)/ 電子決済等代行業者(登録番号:関東財務局長(電代)第10号,登録日:2018年12月20日)/ クレジットカード番号等取扱契約締結事業者(登録番号:関東(ク)第80号,登録日:2019年4月1日)/ 一般社団法人日本クレジット協会(https://www.j-credit.or.jp/,入会日:2019年4月1日) 【ポイントタウン】■商号:GMOインターネット株式会社■登録番号:届出電気通信事業者 A-04-531■加入協会:財団法人インターネット協会(IAjapan)/Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)/社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)/社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)/公益社団法人 企業メセナ協議会/警視庁 サイバー犯罪対策協議会/日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(略称:日本シーサート協議会)/日本ブロックチェーン協会/ブロックチェーン推進協会