投資初心者・文系女子のためのネット証券はじめてガイド » ネット証券会社・各社サービス&評判一覧 » マネックス証券
  
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

マネックス証券

マネックス証券の特徴&評判をチェック!

投資と女性のイメージ

マネックス証券は、ワン株や豊富な海外投資商品のラインナップで、人気のあるネット証券です。特に米株の取り扱いの豊富さが特徴でもあるマネックス証券。投資ビギナーさんのために、わかりやすくマネックス証券を調査してみました。

マネックス証券の評判早わかり!5つの特徴

【評判その1】お手頃な手数料で取引できる

マネックス証券では、株式売買手数料が2種類あります。注文ごとに手数料を計算する「取引毎手数料コース」と1日の取引金額の合計額に対して手数料を計算する「一日定額手数料コース」です。
「取引毎手数料コース」は、最低が110円(税込)からとリーズナブルな手数料で取引することができ、「一日定額手数料コース」は、一日に何回取引しても、最大2,750円(税込・取引金額300万円ごと)の手数料です。
「取引毎手数料」の月間支払い金額が30万円以上になると、支払った株式売買手数料の半額相当分のマネックスポイントがもらえるサービスも行っています。
「一日定額手数料」を利用した際に、同一日内に同一銘柄を売り⇒買い、買い⇒売りを行った場合には、支払った手数料の片道分をポイントバックしてくれます。

【評判その2】無料で利用できる高機能アプリ・ツール

パソコン用ツールでは、初心者から上級者まで使えるさまざまな機能と発注画面を搭載したリアルタイム・トレーディングツール「マネックストレーダー」。「マルチボード500」は、最大500銘柄を登録できる株価自動更新ツール。
「銘柄スカウター」は、大人気の銘柄分析ツールで、企業に関するいろいろな情報をみることができます。
スマートフォンのアプリでは、「マネックス証券アプリ」で、マネックス証券のサービスを快適に利用することができ、日々の資産状況や投資情報、注文や入出金といった取引までを1つのアプリで行うことができます。
他にも、パソコンやスマートフォンで利用できる便利なツールやアプリが用意されています。そして、これらの利用には一部有料のサービスもありますが、ほとんどが無料で利用できます。

【評判その3】充実した投資情報

マネックス証券で口座開設すると、マネックス証券のオリジナルレポートはもちろんですが、独自開発のオリジナルマーケット情報や、投資情報メディア「マネクリ」なども利用することができます。
最新のマーケット情報から投資初心者向けのコンテンツまで、幅広い投資情報のコンテンツを集約していて、スマートフォンやパソコンで見ることができます。
他にも、世界有数の金融機関が提供しているアナリストレポートも読むことが可能で、さまざまな投資情報が無料で提供されています。
一部有料で、「マーケットライダー」「マーケットライダープレミアム」「フル板情報ツール」など、QUICK社が提供しているサービスや、「ロングショート分析ツール」などクォンツ・リサーチ社が提供しているサービスも利用することができます。

【評判その4】豊富な海外投資商品に投資できる

マネックス証券の特徴の1つに、米株を中心とした海外投資商品の豊富さがあります。
国内の低金利が長引いているため、海外の高金利商品や為替で利益を得ようと、保有する資産の一部を外貨建て資産に移す動きもあります。
マネックス証券では、アメリカドルをはじめとしてメキシコペソやトルコリラ建ての外貨建ての高金利債券や、6通貨に投資できる外貨建MMFなどの商品、中国やインドなどの新興国に投資する投資信託、海外に上場している海外ETF(株価指数上場投資信託)、そしてアップルやアマゾンといったアメリカを代表する企業の株を直接買うこともできます。
さらに、為替取引に詳しくなって、高度な取引をしたい場合は、FX(外国為替証拠金取引)での取引も可能です。

【評判その5】先進的な商品・サービスの提供

マネックス証券の創業は1999年ですが、以降次々と先進的なサービスを提供し続けています。
2003年には、日本初個人投資家に株式を貸し出す「貸株サービス」。
2009年には人に代わって複数のロボットが機動的に売買を行う投資信託「カブロボファンド」。
2011年には、国内で初めて、個人投資家向けに「人民元建ての中国国債(既発債)」を販売するなど。
最近では、マネックス証券とHEROZ株式会社が共同開発した「トレードカルテFX」があります。人工知能(AI)が顧客の取引を分析することで、FX取引の技術向上を支援するパーソナルアシスタントツールです。
現状に甘んじることなく、顧客にとって、最高の金融サービスの提供を追求しているといえます。

マネックス証券の手数料を調査!

1注文ごとの取引に対する手数料は?
10万円以下 110円(税込)
10万円超 20万円以下 198円(税込)
20万円超 30万円以下 275円(税込)
30万円超 40万円以下 385円(税込)
40万円超 50万円以下 495円(税込)

パソコン

50万円超 100万円以下(成行注文) 1,100円(税込)(指値注文)1,650円(税込)
100万円超(成行注文) 約定金額の0.1%(指値注文)約定金額の0.15%

スマートフォン用アプリ「マネックストレーダー株式 スマートフォン」、携帯電話(ガラケー)

50万円超 約定金額の0.1%

マネックス証券の「取引毎手数料コース」は、最低110円(税込)からですが、他のネット証券には55円(税込)からというところもあります。そのような会社と比べると、あまり安いとはいえない水準です。

1日の合計取引額に対する手数料は?

約定金額の合計が300万円までは定額、超える場合は超過分について300万円ごとに手数料が加算されます

300万円まで 1日何回取引しても2,750円(税込)
600万円まで 1日何回取引しても5,500円(税込)
以降、300万円増えるごと 2,750円(税込)ずつ増加

マネックス証券の「一日定額手数料コース」は、最低が2,750円(税込)です。50万円までの取引について、0円という会社もあるため、300万円までの取引手数料は、割高だといえます。300万円を超える取引においても、同様です。

マネックス証券の取り扱い商品を調査!

投資信託の取り扱い件数は?
1,181件
※2019年12月24日現在
投資信託の取り扱い本数は、1,181本です。これらのすべての投資信託がノーロード(手数料無料)で購入できます。米ドルをはじめとする6通貨に対応した外貨建MMFが6本あります。取り扱い本数でいえば、2000本以上取り扱う会社はありますが、マネックス証券の特徴は保有資産の分析などをしてくれる「MONEX VISION β」などが利用できる点だといえます。
通常、1万円から購入する投資信託ですが、マネックス証券では100円から買付することができ、また、毎月決まった金額を金融機関から自動で引き落とし、買付けを行う投資信託積立サービスもあります。
NISAには対応してる?

※2019年12月24日現在
NISAは、一般NISA、積立NISA,ジュニアNISAの3種類に対応しています。
国内外の上場株式(REIT、ETF、ETNを含む)、株式投資信託などから、自分に合った投資商品を選ぶことできます。IPO(新規公開株)や株主優待を狙うことも可能です。
NISAの取引にかかる国内株式の売買手数料は0円(単元未満株を除く)で、米国株や中国株の買付時にかかる国内取引手数料も実質0円です。
iDeCoには対応してる?

※2019年12月24日現在
マネックス証券の個人型確定拠出年金 iDeCoは、誰でも、いつまでも運営管理手数料無料です。
運用商品は、低コスト商品を中心に厳選された25本のラインナップで、安定志向重視の顧客向けに元本確保型である定期預金も用意されています。
マネックス証券では、iDeCo専用のロボアドバイザーがあり、無料で利用できるところが、他社にはない特徴です。
債券は買える?

※2019年12月24日現在
毎月発行される個人向け国債変動10年と個人向け国債固定3年・5年の他に、地方自治体や企業などが発行する国内債券を取り扱っています。
また、米ドル建てや豪ドル建てなどの先進国通貨の外国債券やトルコリラやメキシコペソ建てなど新興国通貨建ての外国債券の取り扱いもあります。
新規で発行されるものだけでなく、すでに発行されている既発債券の販売も行っています。
さらに、日経平均の指数に連動するタイプの仕組債も取り扱っています。
IPO取扱銘柄数は?
55社
※2019年3月期
2019年3月期のIPO取扱銘柄数は、55社です。2019年3月期とは、2018年4月から2019年3月末までの期間を指し、IPOとは新規公開株のことをいいます。
この間に新規公開された企業数が95社なので、2019年3月期だけみると、取り扱いは多いといえます。
また、マネックス証券の特徴といえるのが、IPOの抽選方法が公平だということです。過去の取引実績や預かり資産などに関係なく、誰にでもチャンスがある点を口座開設の理由にあげている人も多いです。
新規公開する企業数は毎年変わりますし、それに伴い、取扱銘柄数も変わります。ですから、最新の情報で確認することをおすすめします。

マネックス証券の商品はここが他と違う!

マネックス証券では、マネックスグループが発行する社債「マネックス債」を購入することができます。マネックス証券のみの販売です。銀行などの定期預金と比較すると、金利も高いことが多く、さらに10,000円から購入できるために、投資家の間でも人気のある社債の1つです。

また、マネックス証券独自の商品では、1株から買える「ワン株」があります。例えば、みずほFGだと200円でおつりがくる金額で1株を買うことができます。ワンコインで投資できる手軽さは、初心者には始めやすい商品です。

マネックス証券のおすすめ商品はコレ♪

マネックス証券のおすすめ商品 その1

ワン株(単元未満株)

マネックス証券の独自サービスとして、ワン株(単元未満株)があります。
通常、株式は100株単位での取引になっているため、まとまった資金が必要になります。このワン株(単位未満株)だと、1株から購入ができるので、ほとんどの銘柄が1,000円程度の資金で買うことができます。
例えば、株価が大きく変動している時に少しずつ購入することで、値下がりするリスクを回避することができますし、株主優待を目的とした株を少しずつ買い足していくこともできます。
手数料は取引代金の0.5%(最低手数料は48円「税抜」)必要ですが、初心者が投資しやすい商品だといえます。

マネックス証券のおすすめ商品 その2

個人型確定拠出年金 iDeCo

確定拠出年金iDeCo(イデコ)には、公的機関に支払う手数料や運営機関に支払う手数料があり、マネックス証券の確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、運営管理手数料がかかりません。
商品は、信託報酬(保有しているだけで発生するコスト)が比較的安い24本の投資信託と安定志向の方向けに元本確保型商品1本の25種類が用意されています。
マネックス証券の個人型確定拠出年金 iDeCoの特徴は、専用のロボアドバイザーが最適な運用プランを提案してくれるとことです。
初心者でどの商品を選んだらよいかわからない人にとっては、非常にありがたいサービスです。

iDeCoってどうやって始めるの?

マネックス証券のおすすめ商品 その3

投信つみたて

購入タイミングがわからない人や少額から投資を始めたい投資初心者に、おすすめです。
マネックス証券では、1,102本(2019.12月現在)のファンドを100円から購入することができます。買付方法は、金融機関からの引き落としや証券口座引き落としの2種類です。
顧客の金融機関口座から自動で引き落としを行い、顧客が指定した日に毎月自動買付してくれます。一度設定しておけば毎月決まった日に買付をしてくれるので、大変便利です。
投資信託の購入・保有でAmazonギフト券などと交換できるマネックスポイントが貯まります。
投信つみたてによる購入分もポイント対象です。

マネックス証券のおすすめ商品 その4

ロボアドバイザー

マネックス証券では、顧客のニーズに応えるために、2種類のロボアドバイザーが用意されています。
「マネックスアドバイザー」は、運用方針を決めて、ロボットのサポートを受けながら自分で運用するタイプで、アドバイス型(投資顧問契約を締結)のロボアドバイザーになります。高度な金融工学理論やマーケットの専門家にサポートされながら、手軽に世界中のさまざまな資産に投資することができ、運用プランは2,000以上の資産配分の組み合わせがあります。
一方、「マネラップ」は、投資目標を決めて、ロボットが全自動で運用するタイプで、投資一任型(投資一任契約を締結)のロボアドバイザーになります。資産計画の作成から資産運用、リバランスまでをお任せできます。

マネックス証券のおすすめ商品 その5

つみたてNISA

つみたてNISAは、一般NISAと違い、年間40万円を上限として、最長20年の非課税期間が設けられている制度です。
こちらも、投資信託を積み立てしていくので、投信積立と似ていますが、投資した資産の値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税になる点が異なります。
また、投信積立では、豊富な投資信託の中から投資対象を選ぶことが出来ますが、つみたてNISAの場合は、国が定めた基準を満たした投資信託149本(2019年12月現在)の中から選ぶことになります。
そして、投信積立の場合は、毎月1回の買付ですが、つみたてNISAの場合は、毎日100円から積立が可能ですから、面倒でなければ毎日こつこつ積立することもできます。

マネックス証券の取引ツールを調査!

マネックス証券の取引ツールとは?

「マネックストレーダー」は、初心者から上級者まで使えるさまざまな機能と素早い発注ができる注文画面を搭載した、株式取引、先物・オプション取引に対応しているリアルタイム・トレーディング・ツールです。
「マネックス銘柄スカウター」は、企業が発表する数字や業績予想などの企業業績に関するいろいろな情報を見ることができます。
「マネックス証券アプリ」はスマートフォンのアプリで、見やすい画面をベースとして、マネックス証券のサービスを外出先でも快適に利用したり、閲覧したりできます。

日々の資産の確認や投資情報の閲覧、入出金、株式や投資信託などの取引など、すべて1つのアプリでできます。

「マネックストレーダー株式 スマートフォン」はスマートフォンの株式取引アプリです。このアプリ単体で、株式注文や注文照会、残高の照会、銘柄登録機能など投資情報など株式取引がこのアプリだけで可能です。

マネックス証券で読める「マーケット情報」を調査!

マネックス証券で口座開設すると読めるお役立ちレポートとは?

マネックス証券で口座開設すると、マネックス証券のオリジナルレポートはもちろんですが、独自開発のオリジナルマーケット情報や、投資情報メディア「マネクリ」なども利用することができます。
米国で最も権威のある金融メディアの1つであるバロンズの提供する米国の視点から見た「マーケットの今」も読むことができます。
最新のマーケット情報から投資初心者向けのコンテンツまで、幅広い投資情報のコンテンツを集約していて、スマートフォンやパソコンで見ることができます。

他にも、世界有数の金融機関J.P.Morgan(J.P.モルガン)、独立系リサーチ会社であるTIW(ティー・アイ・ダヴリュ)が提供しているアナリストレポートも読むことが可能で、さまざまな投資情報が無料で提供されています。

一部有料で、「マーケットライダー」「マーケットライダープレミアム」「フル板情報ツール」など、QUICK社が提供しているサービスや、「ロングショート分析ツール」などクォンツ・リサーチ社が提供しているサービスも利用することができます。

マネックス証券で貯まる・使えるお得ポイントを調査!

マネックス証券で口座開設すると貯まったり使えたりするポイント制度とは?
監修者イメージ

マネックス証券では、取引に応じてポイントが自動的に貯まるマネックスポイントのサービスがあります。
株式売買の際、「取引毎手数料コース」で月間手数料が30万円以上だと、月間でかかった株式売買手数料の半額分のポイントバックや株式売買で「一日定額手数料コース」を選び、日計り取引(同一日内に、同一銘柄を売り⇒買い、買い⇒売りすること)を行った場合は、手数料の片道分をポイントバックしてくれます。
投資信託を保有しているだけで、証券総合取引口座の投信月内の平均残高×最大0.08%(年率)、NISA・つみたてNISAの投信月末残高×最大0.03%(年率)分のポイントがもらえます。

貯まったポイントは、アマゾンギフト券やTポイント、nanaco、マイレージに交換することができます。
また、マネックスポイント1ポイントを1円として、国内株式の売買手数料に充当することもできます。

マネックス証券と連携する銀行を調査!

マネックス証券の銀行連携による強みは?

即時入金サービスとは、提携金融機関でインターネットバンキングの契約をしている人が利用できるオンライン入金方法です。手数料がかからず、入出金の反映も即時にされます。提携金融機関は、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行です。

定期自動入金サービスとは、指定した金融機関から原則毎月27日に指定金額を引き落とし、それをマネックス証券の証券総合取引口座もしくはNISA口座に自動で入金する方法です。利用できる金融機関は、全国の銀行、信用金庫、労働金庫等です。

出金については、登録した金融機関に翌日以降の振り込みならば、振込手数料はかかりません。
ただし、即時出金を行う場合は、1回につき、330円(税込)の手数料がかかります。

マネックス証券のメリット&デメリット

ココが魅力!マネックス証券のメリットは?

平等なIPO抽選に参加できる
豊富な海外投資商品

IPOは、上場後の価格パフォーマンスの良さから、根強い人気です。ただ、その抽選方法は非公表の会社もありますが、マネックス証券では取引実績などに関係なく、平等に抽選を行うことを公表しています。
IPOする企業の株数はそれほど多くないため、平等な抽選といえども、手に入れることは難しいのが現実です。地道に需要申告が必要であることに変わりはありません。
また、マネックス証券では海外投資商品、とりわけ米株の取り扱いが豊富です。約3,000銘柄の米株がNISAにも対応しているので、手数料もお得に取引することができます。

ココが気になる!マネックス証券のデメリットは?

国内株式売買手数料は比較的高い

マネックス証券の国内株式売買手数料は、他のネット証券と比較して、安くはありません。1注文ごとの売買手数料では、購入金額が5万円までだと55円(税込)が最低手数料ですが、マネックス証券は、最低手数料は110円(税込)です。購入金額が大きくなっていっても、他社より優位な手数料にはなっていません。

また、1日の合計取引金額に対する売買手数料では、50万円までの取引だと無料にしている会社もある中、マネックス証券は、300万円までの取引については、一律2,750円で、割高になっています。こちらの料金体系でも、他社より優位な手数料になっているゾーンはありません。

マネックス証券を使っている人の口コミ・評判は?

口コミ女の子笑顔アイコン

マネックス証券だけですべての投資が可能

マネックス証券の魅力は、ここだけでほぼすべての投資が賄えるところです。投資信託やアメリカ株への投資できます。「資産推移位ビューワー」というマネックス独自のシステムが特におすすめです。これを使うと、現在保有している資産の一覧やリスク/リターンのバランスなども可視化されます。

口コミ豚の貯金箱アイコン

初心者でもわかりやすい株価ボード

私はデイトレーダーでないですが、NISAや信用口座も簡単に作れて利用しています。余剰資金を運用に回しています。初心者でもわかりやすい株価ボードで、ハードルが高くなく、これから始める人にはいいと思います。

口コミ猫顔アイコン

知人のすすめで口座開設

ネット証券は初めてでしたが、定期的に届くメルマガで情報を手に入れることもでき、金融商品に詳しくなくても、勉強になって助かっています。投資状況の閲覧や確認がスムーズにできるし、周りでもマネックスで取引している人が多いです。

口コミハート吹き出しアイコン

公平な抽選のIPOで利用

もともと他社に口座はありましたが、頻繁に売買する個別銘柄は手数料が安いので、マネックスに預けています。IPOは公平な抽選で割り当てると聞いていたので、そちらも挑戦したかったのもあります。まだ、当たっていませんが楽しみです。

口コミ女の子アイコン

財産のほとんどをマネックスに預けています

毎日チェックしています。株式や外国債券、投資信託を購入しています。株を買う時には、詳しい情報を参考に取引できていいと思います。投資信託もノーロード(手数料無料)が多くて、とてもありがたいです。

口コミ猫全身アイコン

家族全員で口座をもっています

マネックス 証券では、子供たちも含めて家族全員で口座開設しています。いろいろ証券会社は利用していますが、マネックス証券はその中でも使いやすい証券会社の1つです。特に入出金の操作がスムーズです。

口コミスマホアイコン

ネット証券の中でマネックス証券が1番

ネット証券3社で口座を持っていますが、その中でマネックスが1番使いやすいです。マネクリやバロンズ拾い読みなどの投資に役立つ情報も豊富です。現在、積立NISAやidecoもマネックスで積み立てています。ポイント制度を考えると楽天証券がベストですが、マネックスが気に入っています。

口コミ女の子笑顔アイコン

リーズナブルな取引で初心者におすすめ

株式売買手数料が、たくさんある証券会社の中でも安い方だし、リーズナブルだと思います。ツールもパソコンやスマホツールが使えて便利です。口座開設はスムーズにできて、取り扱い商品はかなり多くて、外国株も取り扱っています。

口コミ豚の貯金箱アイコン

取引がしやすく毎日情報をみています

正直、売買手数料は他社と比べると高い気がします。 そこは残念ですが、画面は非常にわかりやすくて使いやすいです。あと、注文方法がとても豊富にあって、資産を守る注文方法があるのは嬉しいし、とても満足しています。

口コミ猫顔アイコン

初心者に使いやすいツール

通常の売買はほとんどスマホでしています。パソコンでは、情報の確認をするくらいです。スマホもパソコンも使いやすくて、おおむね満足しています。IPOは今まで一度も当選していないのでそこは少し不満です。

口コミコインアイコン

かなり使いやすく満足しています

ワン株からスタートして、現物株式を買うまでになりました。特に気に入ってるところは、マイページを自由にカスタマイズ出来るところです。手数料もネット証券としては普通科やや安価なイメージです。
ただし、メンテナンスが多い気がします。

口コミハート吹き出しアイコン

初心者には安心できる証券会社

手数料はそれほど安くはないですが、色々な注文方法を選べるのが良いです。基本的には、インターネットのブラウザやスマホでのアプリからのトレードをしています。商品も、国内の有名銘柄は取り揃っており、外国株やIPOなどの取り扱いもあるので、幅広い取引が可能です。

口コミ女の子アイコン

家族でNISA作っています

自分のNISAも子供二人のジュニアNISAもマネックス証券でつくりました。日本人が全員ここで積立投資始めれば、年金問題も不景気も解決すると思っています。マネックス証券の社長は、高額な報酬を蹴って、この会社を作ったと聞きました。

口コミ猫全身アイコン

信用度が高く初心者におすすめ

手数料はそれほど安くありませんが、取り扱い商品も多くて、十分です。ツールなどは使いやすいので、信用度の高さから初心者におすすめできる証券会社です。スマホでもパソコンでもどちらでも取引OKです。

口コミスマホアイコン

取り扱い商品が多い

米国株や中国株などの海外銘柄がたくさん揃っていて、投資情報も充実しています。そしてIPOの公平な抽選を約束していることなどが魅力的でサブの口座として開設しました。ツールは操作しやすいので、オススメの証券会社です。オンラインセミナーなども行っているので初心者にも使いやすいです。

口コミ女の子笑顔アイコン

全体的にバランスの取れた証券会社

手数料は、ほかのネット証券会社に比べると若干高いような気がします。アプリで注文ができるし、わかりやすいです。一般的な証券会社が取扱商品は揃っていると思います。全体的にバランスのとれた証券会社で良いと思います。

口コミ豚の貯金箱アイコン

IPOの平等抽選がいい

マネックス証券の長所はIPO 銘柄の取り扱いです。取扱銘柄数は一番であることも良いのですが、なんといっても、平等抽選で、取引実績や保有資産にかかわらず、当選確率は平等なのです。そのため、資金に限りがある個人投資家の方々でもチャンスが多いことが特徴ですね。ただ気になるのは、国内株式の手数料が他のネット証券よりも少々高いと感じるところ。株の損益に比べたらたいした額ではないかも知れませんが…短所といえるかもしれません。

口コミ猫顔アイコン

初心者ですが使いやすい

結婚出産を機に、初めてマネックスで口座を開設しました。投資信託を買っていますが、今まで使い勝手が悪いと感じたことはありません。最近つみたてNISAをはじめようと書類を送付したところです。

口コミコインアイコン

メイン口座で使っています

いくつか証券会社の口座をもっていますが、マネックスがメイン口座になっています。使い勝手がいいと思っています。スマホのアプリは使い勝手も良くて、レイアウトも良いので外出先でも株価チェックができて、売買したい時は重宝します。

口コミハート吹き出しアイコン

初めての証券会社がマネックス

利用している限り、とても使い勝手のいい証券会社です。
四季報やアナリストレビューなどが見やすくて、情報サービスには満足しています。料金については、他社と比べて安いとは言えませんが高くはないと思います。

マネックス証券はココにも注目!

無料のMONEX LABS TOOLS(資産運用サポート)

マネックス証券では、MONEX LABS TOOLS(資産運用サポート)を無料で利用できます。

「MONEX VIEW β(マネックス ビュー ベータ)」は、資産推移をわかりやすく見ることができるツール。保有資産の推移を、年・月・日別のグラフやチャートとして、商品別や資産クラス別など気になるカテゴリでチェックできる点が便利です。

「MONEX VISION β(マネックス ビジョン ベータ)」は、保有資産の詳細分析以外に、将来のリターン予測、追加購入の提案などを、最新の金融工学理論を駆使して、資産設計をサポートしてくれます。

また、マネックス証券では、金やプラチナなどにも投資が可能です。1g以上か1,000円以上の単位での投資が、毎月1,000円からの積立投資もできます。
購入した金は、100g単位または1,000g単位で地金(ゴールドバー)として引き出すことも可能です。
分散投資としてポートフォリオに組み入れすることで、リスク分散が図れます。

マネックス証券はこんな人におすすめ!
米国株の豊富なラインナップと独自のサービス
まとめイメージ画像

マネックス証券といえば、米国株の取り扱いの豊富なところが、特徴の1つです。
取り扱い数は、米国個別株・米国ETFで3,500銘柄を超えます。また、中国株においては、香港証券取引所に上場しているほぼ全ての銘柄を取引することが可能です。
アップルやアマゾン、ファイスブックといった企業に投資することもできます。

しかし、外国株を売買する投資上級者だけでなく、投資初心者にとってもやさしいサービスも提供しています。単位未満株で購入することができる「ワン株」はその代表といえますし、投信ポートフォリオ診断は、投資経験のあまりない人でも、簡単な質問に答えるだけで、自身に最適な資産配分を教えてくれます。しかも、最新の金融工学理論を駆使したポートフォリオの提案を、無料で知ることができるので、初心者の人にとってもおすすめの証券会社だといえます。

この記事も読まれています。

DMM.com証券

【投資用語】反対売買

【投資用語】売り場

主婦におすすめの
ネット証券はなんですか?

こちらもおすすめ!
ピックアップ記事
女性

投資ビギナーにはどっち?
SBI証券と楽天証券を徹底比較!>>

星の数ほどもあるネット証券会社の中でも、とくに人気が高い「SBI証券」と「楽天証券」の大手2社を、投資ビギナーさん目線でくわし~く比較!はじめて証券口座を開設するときに、ネット証券選びの参考にどうぞ♪

猫と女の子

ド文系・投資初心者・30代女子が
ネット証券をはじめてみた!>>

「具体的な投資の始め方がわからない!」という方、必見。投資知識ゼロのド文系アラサー編集者・岡部エリーさんが、お金のプロである中島翔先生に教わりながら、投資の世界に一歩を踏み出す、投資体験レポート!

山口京子先生

ここがわからん!
投資はじめて女子のための
資産運用“超”基礎知識>>

敷居が高い?難しい?大丈夫!投資はじめて女子のために、「これだけは押さえておきたい!」という資産運用の基礎知識をまとめました。コンテンツ監修はファイナンシャル・プランナーの山口京子さんです。

当サイト掲載企業・サービス業者一覧

【SBI証券】■商号:株式会社SBI証券 金融商品取引業者■登録番号:関東財務局長(金商)第44号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【楽天証券】■商号:楽天証券株式会社(金融商品取引業者)■登録番号:関東財務局長(金商)第195号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人金融先物取引業協会/ 一般社団法人第二種金融商品取引業協会/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会 【松井証券】■商号:松井証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第164号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会 【マネックス証券】■商号:マネックス証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会 【カブドットコム(auカブコム証券)】■商号:auカブコム証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第61号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 【岡三オンライン証券】■商号:岡三オンライン証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第52号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会 【ライブスター証券】■商号:株式会社ライブスター証券■登録番号:関東財務局長(金商)第8号■加入協会:日本証券業協会 【DMM.com証券】■商号:株式会社DMM.com証券■登録番号:平成19年9月30日 第一種金融商品取引業/ 平成23年1月1日 商品先物取引業/ 平成29年6月27日 第二種金融商品取引業/ 関東財務局長(金商)第1629号■加入協会:日本証券業協会(協会員番号1105)/ 一般社団法人 金融先物取引業協会(協会員番号1145)/ 日本投資者保護基金/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人 第ニ種金融商品取引業協会(協会員番号480) 【SMBC日興証券】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会 /一般社団法人日本投資顧問業協会 /一般社団法人金融先物取引業協会 /一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【SBIネオモバイル証券】■商号:株式会社SBIネオモバイル証券■登録番号:関東財務局長(金商)第3125号■加入協会:日本証券業協会 【ワンタップバイ(One Tap BUY)】■商号:株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)■登録番号:関東財務局長(金商)第2883号■加入協会:日本証券業協会 【ウェルスナビ(WealthNavi)】■商号:ウェルスナビ株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号/資金移動業者 関東財務局長 第00071号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 日本資金決済業協会 【テオ(THEO)】■商号:株式会社お金のデザイン■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人投資信託協会 【MSV LIFE】■商号:マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2882号■加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 投資信託協会 【楽ラップ】■商号:楽天証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号/商品先物取引業者■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/日本商品先物取引協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【フォリオ(FOLIO)】■商号:株式会社FOLIO■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【LINE証券】■商号:LINE証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号■加入協会:日本証券業協会 【auのiDeCo】■商号:auアセットマネジメント株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3062号/確定拠出年金運営管理機関 登録番号792■加入協会:一般社団法人 投資信託協会 【トラノコ】■商号:TORANOTEC投信投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第384号/商品投資顧問業 農経(2)第19号■加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 会員第011-00822号 【フロッギー】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【ストリーム】■商号:株式会社スマートプラス■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3031号■加入協会:日本証券業協会 【三菱UFJ銀行】■商号:株式会社 三菱UFJ銀行■登録番号:関東財務局長(登金)第5号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【ラインペイ】■商号:LINE Pay株式会社■登録番号&加入協会:前払式支払手段(第三者型)発行者(登録番号:関東財務局長第00669号 / 登録日:2014年10月1日) 資金移動業者(登録番号:関東財務局長第00036号,登録日:2014年10月1日)/ 一般社団法人日本資金決済業協会(https://www.s-kessai.jp/,入会日:2014年8月6日)/ 電子決済等代行業者(登録番号:関東財務局長(電代)第10号,登録日:2018年12月20日)/ クレジットカード番号等取扱契約締結事業者(登録番号:関東(ク)第80号,登録日:2019年4月1日)/ 一般社団法人日本クレジット協会(https://www.j-credit.or.jp/,入会日:2019年4月1日) 【ポイントタウン】■商号:GMOインターネット株式会社■登録番号:届出電気通信事業者 A-04-531■加入協会:財団法人インターネット協会(IAjapan)/Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)/社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)/社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)/公益社団法人 企業メセナ協議会/警視庁 サイバー犯罪対策協議会/日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(略称:日本シーサート協議会)/日本ブロックチェーン協会/ブロックチェーン推進協会