投資初心者・文系女子のためのネット証券はじめてガイド » NISAに強いネット証券会社一覧 » 【SBI証券】NISAとつみたてNISAの違い » 【SBI証券】NISAの特徴と評判
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【SBI証券】NISAの特徴と評判

SBI証券のNISAとは?

NISAとは、2014年からスタートした「少額投資非課税制度」の略称。「年間120万円×5年間=600万円」の投資について、配当金や分配金、譲渡益などの利益が非課税となる制度です。
非課税となる運用商品の範囲は、SBI証券の場合、国内株式(ETFやREITなども含む)、投資信託、外国株式(ETFを含む)など。買付時や売却時の手数料は証券会社により異なりますが、SBI証券の場合、国内株式の場合は約定代金に関わらず売買手数料が無料、外国株式の場合は買付手数料が無料となります。

SBI証券のほかのNISAサービスを見る

NISAでおすすめの会社一覧を見る

NISAの口座開設方法

SBI証券におけるNISA口座の開設方法には、WEBを通じて行う方法と書面の郵送を通じて行う方法との2種類があります。
WEBを通じて口座開設を行う場合、申込から開設までに要する期間は最短で2営業日。一方、書面の郵送を通じて口座開設を行う場合には、最短で7営業日ほどかかります。お急ぎの方や書面記入・郵送などの手間を省きたい方には、WEBでの口座開設をおすすめします。

WEB手続きの流れ

SBI証券に証券総合口座を開設したのち、同社公式HPから「NISA・つみたてNISAに申し込む」をクリック。申込画面のフォームに必要事項を入力のうえ、必要書類をアップロードします。なお必要書類とは、マイナンバー登録済みの方の場合には「本人確認書類」のみ、マイナンバー未登録の方の場合には「本人確認書類+マイナンバー」になります。
のち、SBI証券から本人および税務署に対し、NISA口座が開設された旨を連絡。税務署の審査で「承認」となり次第、NISA口座での取引が可能となります。

書面の手続きの流れ

SBI証券に証券総合口座を開設したのち、同社公式HPから「NISA・つみたてNISAに申し込む」をクリック。画面にて「書面」を選択し、SBI証券へ必要書類を送付します。なお必要書類とは、上記「WEB手続き」と同様の内容です。
のち、SBI証券から本人および税務署に対し、NISA口座が開設された旨を連絡。税務署の審査で「承認」となり次第、NISA口座での取引が可能となります。

NISA口座の無効手続き

SBI証券でNISA口座の開設手続きをする以前に、すでに他の金融機関でNISA口座を開設済みの方、または、過去に他の金融機関でNISA口座を開設したことがある方は、SBI証券におけるNISA口座開設が税務署から非承認となり、同社がNISA口座開設の無効手続きを行うことになります。
SBI証券でのNISA口座開設手続きから税務署からの非承認までの間、NISA口座を通じて買い付けた株式等は、のちNISA口座ではなく一般口座での取引に変更されることになるので注意してください。
不安な方は、以前にNISA口座を開設した金融機関で所定の手続きを行ったのち、改めてSBI証券でNISA口座開設手続きを行うようにしましょう。

SBI証券のNISA手数料

SBI証券のNISA口座を通じた取引手数料について、国内株式(※1)の場合は買付・売却ともに、約定代金に関わらず恒久的に0円。海外ETF(※2)については、買付のみ約定代金に関わらず恒久的に0円となります。
※1…現物株式、ETF、ETN、REIT
※2…米国、中国、韓国

SBI証券のNISAで取り扱っている商品

  • 国内株式
    原則として、国内の証券取引所に上場している株式、および株式に準じる銘柄のすべてがNISA口座での取引の対象となります。
    具体的には、現物株式、ETF、ETN、REITなど。取引形式がIPO、PO、立会外分売の場合でも、NISA口座で取引が可能です。なお、単元未満株取引や信用取引は、NISA口座で行うことはできません。信用取引における現引き・現渡しもNISA口座取引の対象外となります。
  • 外国株式
    SBI証券のNISA口座では、海外9ヵ国の株式の取扱があります。具体的には、米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアです。今後の高い成長性が期待されるASEAN諸国の一部が含まれている点は、長期投資家にとって大変魅力的でしょう。
    なお上で触れた通り、米国、中国、韓国のETFについては、約定金額に関わらず買付手数料が無料となります。
  • 低コストファンド
    低コストファンドとは、運用コストが低い投資信託の総称。具体的には、市場全体の動きと連動して価格が上下する「インデックスファンド」が、低コストファンドの代表例です。
    国内市場だけではなく、NYダウや新興諸国の市場など、さまざまな全体指標に連動するインデックスファンド。月々定額でインデックスファンドを購入するなど、安定的な資産形成を目指している方も多いようです。
  • バランス型投資信託
    株式や投資信託などで資産運用したいものの、何をどのようなタイミングで買えば良いか分からない、という方におすすめの商品がバランス型投資信託。国内外の市場の状況に応じ、プロのファンドマネージャーが、株式や債券などの複数の投資対象で運用するファンドです。一度買付をしたら、後は運用をプロに一任するだけなので、投資家の手間はまったくありません。

NISAロールオーバーとは?

NISA口座を経由して購入した株式等について、購入から5年以内に生じた利益(配当金や売却益など)は非課税となります。一方で購入から5年を過ぎてから生じた利益は、非課税とはなりません。

後者の場合において、購入から6年目以降もNISAの非課税期間を延長したい場合、所定の手続きを取ることにより非課税期間が5年間延長となります。この手続きにより非課税期間が延長になることを、ロールオーバーと言います。

手続きを失念すると、NISAで買い付けた商品が特定口座や一般口座へと自動移管されて課税対象となるので、ロールオーバーを希望する場合には、早めに証券会社まで問い合わせましょう。

SBI証券の会社情報

会社名称 株式会社SBI証券
所在地 東京都港区六本木1-6-1
電話番号 0120-104-250
上場企業名 SBIホールディングス(東証1部・8473)
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
設立 1944年3月30日
公式HP https://www.sbisec.co.jp/ETGate

この記事も読まれています。

【投資用語】浮動株

【投資用語】大納会

【SBI証券】貸株サービスの特徴と評判

【テクニカル分析】価格帯別出来高から投資家の心理を読む!

こちらもおすすめ!
ピックアップ記事
女性

投資ビギナーにはどっち?
SBI証券と楽天証券を徹底比較!>>

星の数ほどもあるネット証券会社の中でも、とくに人気が高い「SBI証券」と「楽天証券」の大手2社を、投資ビギナーさん目線でくわし~く比較!はじめて証券口座を開設するときに、ネット証券選びの参考にどうぞ♪

猫と女の子

ド文系・投資初心者・30代女子が
ネット証券をはじめてみた!>>

「具体的な投資の始め方がわからない!」という方、必見。投資知識ゼロのド文系アラサー編集者・岡部エリーさんが、お金のプロである中島翔先生に教わりながら、投資の世界に一歩を踏み出す、投資体験レポート!

山口京子先生

ここがわからん!
投資はじめて女子のための
資産運用“超”基礎知識>>

敷居が高い?難しい?大丈夫!投資はじめて女子のために、「これだけは押さえておきたい!」という資産運用の基礎知識をまとめました。コンテンツ監修はファイナンシャル・プランナーの山口京子さんです。

当サイト掲載企業・サービス業者一覧

【SBI証券】■商号:株式会社SBI証券 金融商品取引業者■登録番号:関東財務局長(金商)第44号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【楽天証券】■商号:楽天証券株式会社(金融商品取引業者)■登録番号:関東財務局長(金商)第195号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人金融先物取引業協会/ 一般社団法人第二種金融商品取引業協会/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会 【松井証券】■商号:松井証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第164号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会 【マネックス証券】■商号:マネックス証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会 【カブドットコム(auカブコム証券)】■商号:auカブコム証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第61号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 【岡三オンライン証券】■商号:岡三オンライン証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第52号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会 【ライブスター証券】■商号:株式会社ライブスター証券■登録番号:関東財務局長(金商)第8号■加入協会:日本証券業協会 【DMM.com証券】■商号:株式会社DMM.com証券■登録番号:平成19年9月30日 第一種金融商品取引業/ 平成23年1月1日 商品先物取引業/ 平成29年6月27日 第二種金融商品取引業/ 関東財務局長(金商)第1629号■加入協会:日本証券業協会(協会員番号1105)/ 一般社団法人 金融先物取引業協会(協会員番号1145)/ 日本投資者保護基金/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人 第ニ種金融商品取引業協会(協会員番号480) 【SMBC日興証券】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会 /一般社団法人日本投資顧問業協会 /一般社団法人金融先物取引業協会 /一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【SBIネオモバイル証券】■商号:株式会社SBIネオモバイル証券■登録番号:関東財務局長(金商)第3125号■加入協会:日本証券業協会 【ワンタップバイ(One Tap BUY)】■商号:株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)■登録番号:関東財務局長(金商)第2883号■加入協会:日本証券業協会 【ウェルスナビ(WealthNavi)】■商号:ウェルスナビ株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号/資金移動業者 関東財務局長 第00071号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 日本資金決済業協会 【テオ(THEO)】■商号:株式会社お金のデザイン■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人投資信託協会 【MSV LIFE】■商号:マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2882号■加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 投資信託協会 【楽ラップ】■商号:楽天証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号/商品先物取引業者■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/日本商品先物取引協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【フォリオ(FOLIO)】■商号:株式会社FOLIO■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【LINE証券】■商号:LINE証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号■加入協会:日本証券業協会 【auのiDeCo】■商号:auアセットマネジメント株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3062号/確定拠出年金運営管理機関 登録番号792■加入協会:一般社団法人 投資信託協会 【トラノコ】■商号:TORANOTEC投信投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第384号/商品投資顧問業 農経(2)第19号■加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 会員第011-00822号 【フロッギー】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【ストリーム】■商号:株式会社スマートプラス■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3031号■加入協会:日本証券業協会 【三菱UFJ銀行】■商号:株式会社 三菱UFJ銀行■登録番号:関東財務局長(登金)第5号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【ラインペイ】■商号:LINE Pay株式会社■登録番号&加入協会:前払式支払手段(第三者型)発行者(登録番号:関東財務局長第00669号 / 登録日:2014年10月1日) 資金移動業者(登録番号:関東財務局長第00036号,登録日:2014年10月1日)/ 一般社団法人日本資金決済業協会(https://www.s-kessai.jp/,入会日:2014年8月6日)/ 電子決済等代行業者(登録番号:関東財務局長(電代)第10号,登録日:2018年12月20日)/ クレジットカード番号等取扱契約締結事業者(登録番号:関東(ク)第80号,登録日:2019年4月1日)/ 一般社団法人日本クレジット協会(https://www.j-credit.or.jp/,入会日:2019年4月1日) 【ポイントタウン】■商号:GMOインターネット株式会社■登録番号:届出電気通信事業者 A-04-531■加入協会:財団法人インターネット協会(IAjapan)/Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)/社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)/社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)/公益社団法人 企業メセナ協議会/警視庁 サイバー犯罪対策協議会/日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(略称:日本シーサート協議会)/日本ブロックチェーン協会/ブロックチェーン推進協会