投資初心者のためのネット証券はじめてガイド「しろたま」 » ここがわからん!投資初心者女子のための資産運用“超”基礎知識 » iDeCo/イデコとはなんですか?
  
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

iDeCo/イデコとはなんですか?

テレビや雑誌などでも目にすることのあるiDeCo(イデコ)。ここではiDeCoとはどういった制度なのか、利用することのメリット・デメリット、始め方についての情報をまとめました。iDeCoに興味がある、これからiDeCoを始めてみたいと思う方は、ぜひ参考になさってください。

この記事の監修者
山口京子氏プロフィール写真

山口 京子さん

ファイナンシャルプランナー。
投資未経験の女性たちに向けた親身なマネーレッスンをはじめ、若年層や投資初心者でもわかりやすくタメになる、お金との付き合い方・投資・運用方法を提供している。
詳しいプロフィールはこちら>>
オフィシャルホームページはこちら>>

iDeCo(イデコ)とはどんな制度なの?

iDeCo(イデコ)とは、『個人型確定拠出年金』の愛称。個人でお金を掛けてそれを運用し、老後資金をつくるための私的年金制度です。この制度を利用するしないは個人の任意で、掛け金の額や運用方法も個人で決めなくてはいけません。しかし、掛けるお金や運用によって得たお金、そして給付金を受け取る時、税制上の優遇が受けられるのが、この制度の最大の魅力。国民年金や厚生年金と組み合わせ、将来の資産形成のために、と始める方が増えています。

この制度を利用できるのは、原則として日本に住んでいる20歳以上60歳未満の方。会社員・自営業・公務員・専業主婦(主夫)など、基本的にどんな職業の方でも加入できます

では、iDeCoの仕組みはどうなっているのでしょうか。まず、iDeCoに加入するには銀行や証券会社でiDeCo専用の口座を開く必要があります。口座を開いたら、あらかじめ用意された定期預金・投資信託・保険といった金融商品の中から積み立てをする商品を選択。あとは、毎月一定のお金を積み立てて運用し、60歳以降に一括または分割で受け取ることになります。

iDeCoで積み立てる金額は5,000円からとなっており、1,000円単位で上乗せできるのが特徴。ただし、積み立てられる1ヶ月あたりの金額は、職業によって下記のように上限が決められています。

・会社員(会社に企業年金等がある場合※):月額12,000~20,000円
・会社員(会社に企業年金等がない場合):月額23,000円
・公務員:月額12,000円
・自営業:月額68,000円
・専業主婦(主夫):月額23,000円

※:企業型確定拠出年金加入者は、規約でiDeCoの加入が認められている人に限ります。

iDeCo(イデコ)のメリットとデメリットは?

iDeCo(イデコ)のメリット

積み立てたお金で節税ができる

iDeCoでは毎月一定のお金を積み立てることになりますが、その積み立てたお金は、全て所得から引くことができます。仮に、年収300万円の人が、毎月2万円ずつ掛金をつみたてていたら、年間24万円を所得から引けるので、およそ3万6,000円税金が安くなります。節税効果が期待できるというワケです。

利益に対する税金がかからない

iDeCoでお金を運用して出た利益には、iDeCoを運用している期間中であれば税金がかかりません。一般的な投資で出た利益には約20%の税金(所得税15%+住民税5%※復興特別所得税税は考慮しない)がかかるのですが、iDeCoを利用すればそれが免除されるのです。

iDeCo(イデコ)のデメリット

60歳になるまで引き出せない

iDeCoは年金なので、原則として60歳までは引き出すことができません。受け取りを開始する時期は、60~70歳までの間で自由に設定することができます。

専用口座を開いたり、維持するのに手数料が必要

iDeCoを始めるには、銀行や証券会社で専用の口座を開く必要があり、そのときに手数料がかかります。口座を開くための手数料は2,829円と一律で決められていますが、口座を維持するための手数料は金融機関によって異なります。iDeCoは長期の運用となるため、できるだけ手数料が安いところを選びましょう。

iDeCo(イデコ)ってどうやって始めるの?

iDeCo(イデコ)を始めるには、まずどの金融機関で口座を開くかを決める必要があります。iDeCoを取り扱っている金融機関は、銀行・証券会社・生命保険会社・信用金庫など。
iDeCoの口座を開設できるのは1人につき1口座のみとなっており、取り扱っている金融商品や手数料は金融機関によって異なるため、「自分が運用したい商品があるか」「手数料は安いか」などをチェックしておきましょう。ちなみに、手数料を安く抑えたいなら、ネット証券で口座開設することをおすすめします。

iDeCoってどうやって始めるの?

次に、運用する金融商品を選びます。
iDeCoの商品にはいくつか種類がありますが、預けたお金を減らしたくないなら定期預金や保険、預けたお金を大きく増やしたいなら投資信託を選ぶとよいでしょう。投資信託には、預けたお金が減るかもしれない…というリスクはありますが、分散投資ができ、専門家が運用を代行してくれるというのがメリットです。

最後に、毎月いくら積み立てるのかを決めます。積み立て金額は5,000円以上からとなっており、1,000円きざみで自由に設定できます。節税効果を考えたら上限いっぱいがベストなのですが、iDeCoは60歳になるまでお金を引き出すことができないため、ムリのない範囲でスタートすることが重要です。ちなみに、積み立てるお金の額は年に1回変更することができます。

投資初心者女子さんへ、山口先生のひとことアドバイス
つみたてNISAとiDeCo(イデコ)、何が違う?
山口京子氏アドバイス

将来のためにお金を積み立てる、つみたてNISAとiDeCo(個人型確定拠出年金) 。なんとなく似ている2つの制度ですが、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、つみたてNISAは自由にお金を引き出せますが、iDeCoは60歳になるまで引き出せません。そのため、子どもの学費づくりといった中期の目的ならつみたてNISA、老後資金づくりといった長期の目的ならiDeCoが適していると言えます。
選べる金融商品の種類ですが、定期預金といった「預けたお金が保証される商品」はiDeCoにはありますが、つみたてNISAにはありません。どのようにお金を運用したいかも、2つの制度を選ぶポイントとなるでしょう。

NISAでおすすめの証券会社一覧を見る

この記事も読まれています。

【投資用語】続騰

【投資用語】売買代金

LINE証券

【投資用語】REIT

こちらもおすすめ!
ピックアップ記事
女性

投資ビギナーにはどっち?
SBI証券と楽天証券を徹底比較!>>

星の数ほどもあるネット証券会社の中でも、とくに人気が高い「SBI証券」と「楽天証券」の大手2社を、投資ビギナーさん目線でくわし~く比較!はじめて証券口座を開設するときに、ネット証券選びの参考にどうぞ♪

猫と女の子

ド文系・投資初心者・30代女子が
ネット証券をはじめてみた!>>

「具体的な投資の始め方がわからない!」という方、必見。投資知識ゼロのド文系アラサー編集者・岡部エリーさんが、お金のプロである中島翔先生に教わりながら、投資の世界に一歩を踏み出す、投資体験レポート!

山口京子先生

ここがわからん!
投資はじめて女子のための
資産運用“超”基礎知識>>

敷居が高い?難しい?大丈夫!投資はじめて女子のために、「これだけは押さえておきたい!」という資産運用の基礎知識をまとめました。コンテンツ監修はファイナンシャル・プランナーの山口京子さんです。

当サイト掲載企業・サービス業者一覧

【SBI証券】■商号:株式会社SBI証券 金融商品取引業者■登録番号:関東財務局長(金商)第44号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【楽天証券】■商号:楽天証券株式会社(金融商品取引業者)■登録番号:関東財務局長(金商)第195号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人金融先物取引業協会/ 一般社団法人第二種金融商品取引業協会/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会 【松井証券】■商号:松井証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第164号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会 【マネックス証券】■商号:マネックス証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会 【カブドットコム(auカブコム証券)】■商号:auカブコム証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第61号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 【岡三オンライン証券】■商号:岡三オンライン証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第52号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会 【ライブスター証券】■商号:株式会社ライブスター証券■登録番号:関東財務局長(金商)第8号■加入協会:日本証券業協会 【DMM.com証券】■商号:株式会社DMM.com証券■登録番号:平成19年9月30日 第一種金融商品取引業/ 平成23年1月1日 商品先物取引業/ 平成29年6月27日 第二種金融商品取引業/ 関東財務局長(金商)第1629号■加入協会:日本証券業協会(協会員番号1105)/ 一般社団法人 金融先物取引業協会(協会員番号1145)/ 日本投資者保護基金/ 日本商品先物取引協会/ 一般社団法人 第ニ種金融商品取引業協会(協会員番号480) 【SMBC日興証券】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会 /一般社団法人日本投資顧問業協会 /一般社団法人金融先物取引業協会 /一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【SBIネオモバイル証券】■商号:株式会社SBIネオモバイル証券■登録番号:関東財務局長(金商)第3125号■加入協会:日本証券業協会 【ワンタップバイ(One Tap BUY)】■商号:株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)■登録番号:関東財務局長(金商)第2883号■加入協会:日本証券業協会 【ウェルスナビ(WealthNavi)】■商号:ウェルスナビ株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号/資金移動業者 関東財務局長 第00071号■加入協会:日本証券業協会/ 一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 日本資金決済業協会 【テオ(THEO)】■商号:株式会社お金のデザイン■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人投資信託協会 【MSV LIFE】■商号:マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2882号■加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会/ 一般社団法人 投資信託協会 【楽ラップ】■商号:楽天証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号/商品先物取引業者■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/日本商品先物取引協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【フォリオ(FOLIO)】■商号:株式会社FOLIO■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 【LINE証券】■商号:LINE証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号■加入協会:日本証券業協会 【auのiDeCo】■商号:auアセットマネジメント株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3062号/確定拠出年金運営管理機関 登録番号792■加入協会:一般社団法人 投資信託協会 【トラノコ】■商号:TORANOTEC投信投資顧問株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第384号/商品投資顧問業 農経(2)第19号■加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会 会員第011-00822号 【フロッギー】■商号:SMBC日興証券株式会社■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2251号■加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【ストリーム】■商号:株式会社スマートプラス■登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3031号■加入協会:日本証券業協会 【三菱UFJ銀行】■商号:株式会社 三菱UFJ銀行■登録番号:関東財務局長(登金)第5号■加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 【ラインペイ】■商号:LINE Pay株式会社■登録番号&加入協会:前払式支払手段(第三者型)発行者(登録番号:関東財務局長第00669号 / 登録日:2014年10月1日) 資金移動業者(登録番号:関東財務局長第00036号,登録日:2014年10月1日)/ 一般社団法人日本資金決済業協会(https://www.s-kessai.jp/,入会日:2014年8月6日)/ 電子決済等代行業者(登録番号:関東財務局長(電代)第10号,登録日:2018年12月20日)/ クレジットカード番号等取扱契約締結事業者(登録番号:関東(ク)第80号,登録日:2019年4月1日)/ 一般社団法人日本クレジット協会(https://www.j-credit.or.jp/,入会日:2019年4月1日) 【ポイントタウン】■商号:GMOインターネット株式会社■登録番号:届出電気通信事業者 A-04-531■加入協会:財団法人インターネット協会(IAjapan)/Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)/社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)/社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)/公益社団法人 企業メセナ協議会/警視庁 サイバー犯罪対策協議会/日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(略称:日本シーサート協議会)/日本ブロックチェーン協会/ブロックチェーン推進協会